ハワイの日焼け止め規制と、安全で環境にやさしい日焼け止めについて考える

旅行

ハワイ州での日焼け止め禁止法案

米ハワイ州で、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案が成立し、2021年1月1日から施行されるようです。

禁止されるのは、紫外線カット成分の「 オキシベンゾン 」と「 オクチノキサート 」が含まれる製品。このうち、 「 オクチノキサート 」 のほうは、日本の市販の日焼け止めのかなりの製品に使用されているようですね。

ただし、あくまでハワイ州での「販売」「流通」の禁止ですから、日本から持ち込む製品のチェックまでは行われないようですが・・・。

サンゴ礁の白化を引き起こす紫外線吸収剤

学術誌に発表された論文によれば、世界のサンゴ礁に流れ込む日焼け止めの量は、年間約1万4000トンに達する とのこと。この日焼け止めに含まれる有害成分が、サンゴの白化の原因の一つとなっているとのこと。

ただ、もっとも大きな原因は地球温暖化による水温の上昇だといわれています。 環境活動家グレタ・トゥーンベリさんが訴えていた問題ですね。

なので、 サンゴの白化が日焼け止めの使用だけに起因する問題ではないとはいえ、美しい海を破壊する可能性のある薬品の使用は、できれば最小限にとどめたいもの。また、環境に負担のあるものは、当然人体への負担もあるものと思われますし。

おすすめのノンケミカルな日焼け止め(マリンスポーツ用)

何もつけないのが環境には一番優しいのかもしれませんが、それだと、直射日光をふんだんに浴びるビーチなどでは、やっぱり・・・心配・・・。

以下のものは、サンゴ礁に有害な紫外線吸収剤を含まず、お肌にも優しく、なおかつウォータープルーフ機能のある、海で使える日焼け止めです。

〇「 サンゴに優しい日焼け止め 」

ジーエルイー合同会社 サンゴに優しい日焼け止め(15g×3パック:ケース無し) ≪日本国内メール便対応≫楽天で購入

SPF:30程度   成分:ヒマワリ種子油、酸化亜鉛、ミツロウ、トコフェロール、ホホバ種子油

・香料、鉱物油、防腐剤、紫外線吸収剤、合成界面活性剤不使用

・ノンナノ

名前の通り、サンゴに優しい、そして人体にも優しい日焼け止めです。ダイビングなどマリンスポーツ時にはもっぱらこちらを愛用しています。これだけ自然の原料を使用していて、ウォータープルーフです。

〇「 サーフヨギ サンクリーン 」

SURF YOGIS サーフヨギ サンクリーン 日焼け止め 100%オーガニック素材 60g SPF50 ノンケミカル 日焼け止め UVプロテクト/サンケア ウォータープルーフ/ウォーターレジスタント 日焼け止め SURFYOGIS 100% 天然/自然素材 赤ちゃん/子供お肌/敏感お肌にも安心楽天で購入

成分:ヤシ油 ミツロウ ひまし油 酸化亜鉛 カカオ果実(粉末)
コーヒーエキス バニラ果実エキス

こちらも、ウォータープルーフでありながら、天然素材ONLYの、人にも環境にもやさしい日焼け止めです。

ノンケミカルな日焼け止めで、マリンスポーツを思う存分楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました